ご無沙汰しております。
肝斑の自己治療から1ヵ月と1ヶ月半のお肌のレポートを紹介したいと思います!

トランサミン500mg(Transamin)を朝昼晩1錠ずつ、L-システインも朝昼晩1錠ずつ、タイムリリースのビタミンCと、ビオチンを夜だけ1錠ずつ。
これを忘れないように毎日飲み続けました!

1ヵ月目
明らかな変化を感じました。
まず、写真です。

肝斑1ヵ月

顔の右側の方が、肝斑ではないシミがまだちょっと目立つ感じですが、L-システインが効いたのか肝斑ではないシミもものすごく薄くなりました!
そして、問題の肝斑ですが、7割近く消滅して、すごくうっすらまだ“残っている”かんじです。
この“残っている”という表現を使う事ができるのは、マジで効果を感じているから!

BlogPaint

左側に関しては、肝斑でないシミも肝斑も7割消滅しました!
まさか、肝斑ではないシミにまでここまで効くとは・・・!!

肌のトーンがすごく上がっていて、ビオチン効果か、お肌がモチっとして肌触りも良くなりました!

1ヶ月半目
1ヵ月と半月ですが、スタート~1ヵ月までの変化に比べるとそこまで劇的には変化していませんが、1ヵ月超えた辺りから、本当に徐々に徐々にうすーくなってきました。
で、肝斑ですが、8割は消滅し残っているとこも本当に薄い感じ。
シミも肌のトーンも一緒に薄くなって、それが揃ってきた感じで、全体的に透明感もアップしている気がします。

スマホ機種変したのでカメラで撮影した画像がちょっと質感違いますが・・・

肝斑1ヵ月半

この1ヶ月半の変化を順番で表すと・・・

  1. 肌が白くなった(代わりにシミと肝斑が目立つ)
  2. 肝斑が薄くなってきた
  3. 肌のトーン+透明感が出てきた!
  4. 明らかに肝斑がなくなってきている!
  5. 肝斑じゃないシミも薄くなってきた!
  6. 肝斑7割消滅
  7. シミもいくつかは消えてものすごく薄くなってきた!
  8. 肝斑8割消滅
  9. 肌のトーンと透明感すごい!&シミマジで薄い!コンシーラーいらなくてもOKまでもうちょっと!
と、化粧品じゃ実感出来ないほどの劇的な変化でした!
マジで、この1ヶ月半で学んだことは、化粧品より内服の方が絶対効く!ということです。

ただ、あまり変化がなかったものもあります。
それが毛穴の開き具合で、肌質は良くなってますが、毛穴はあまり変化していない感じです。
毛穴の開きと、普通のシミはトレチノインでスバラシイ結果を3年前出していて、こちらのブログで詳しく毎日レポートしているので是非参考にどうぞ!

一般的に2ヵ月で一旦やめると言われていますが、どれも体にわるい成分ではないはずなので継続予定です。
次回は、2ヶ月目にまたレポートしたいと思います!